2017/12/10

アマゾン中国輸入 SEO対策の基本!

 

中国いきが少し伸びた
今日この頃・・・

格安チケットって(-.-)

格安なだけあって
かなり安いですね。

中国行きが楽しみです!

さて
今回のテーマ

Amazon検索のSEO対策を攻略せよ!検索上位を取る方法

ゲームのタイトルみたいですね(笑)

それとは裏腹に
かなり重要度の高いものです。

今回はAmazon内のSEO対策について
お話していきます。

Amazonアルゴリズム

Googleの検索エンジンは
”Google bot”と呼ばれています。

同じようにAmazon内の検索エンジンにも
A9という名前がついています。

Amazonに最適化された商品ページをつくるために

  • 販売個数
  • 商品レビュー
  • クリック率と購入率
  • 商品ページ
  • スペシャルキーワード

上記5つの特徴について
順番に見ていきましょう。

販売個数

Amazon内検索において
商品の販売個数は重要になります。

しかしA9は
全期間の売り上げを集計して評価する事はありません。

直近でどれだけ売り上げているかを
重視していると言われています。

検索順位を維持したい!

となると・・・

継続して売上件数を上げなければならないという事でもあります。

商品レビュー

みなさんは
商品のレビューは書かれたことはありますか?

正直なかなか書かないですよね(@_@。

商品のレビューは
Amazon内ではSEOに大きく影響します。

新規出品のうちは
全然上位に表示されなかったのに・・・

レビューがついた際に急に表示順位が上がった!

なんてことも(^^♪

クリック率と購入率について

A9はクリック率(CTR)だけで順位を変動させるのではなく
購入率(CTS)も重視していると言われています。

そこのページに来て
何も買わない人が多いとダメなわけで・・・

実際に買ってくる人が多いページを
優先するわけです。

すごいですね”(-“”-)”

商品ページ

ここ
かなり重要です。

  • ページタイトル
  • サブタイトル
  • ブランド名
  • 出品キーワード
  • 商品の説明文
  • Amazonスペシャルキーワード

これらの部分は
別記事で詳しく載せたいと思います。

一昔前までは
ここの部分は見向きもされていませんでした。

ただこれからは
しっかり考えて作りこんでいかないと・・・

新規出品は厳しいです( ゚Д゚)

まとめ

Amazon検索のSEO対策の基本として
まとめると・・・

  • 独自の検索エンジン”A9”がある
  • お客さんありきのSEO対策を考える
  • 直近の販売数が多い方がよい
  • レビューの重要性を知る
  • 成約率とクリック数を上げる
  • 在庫は多い方がよい
  • 商品ページを充実させる

 

この様な基本を押さえて
応用していくことになります。

Amazonの使用は常に変化しています。

おいて行かれないように
アンテナは張っておきましょう!

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -