2017/09/27

【商品リサーチの方法】中国輸入ビジネスで仕入れる商品をリサーチする方法

 

今回は

中国輸入ビジネスで
仕入れる商品をリサーチする方法

と題し

中国輸入ビジネスにおいて
どのように仕入れ・販売する商品を
リサーチしているのか?

「数撃ちゃー当たる!」
ではない( ゚Д゚)

そしてリサーチの前の優先順位

何から決めていけばいいのか(@_@。?

リサーチの前にやらなきゃいけない事って
結構あるんですよ~。

でもそこを決めておくことで
確かな道筋ができ
逆にやることが減るはずです。

結構あるけど
「シンプルに!」
をモットーにお伝えします。

具体的なリサーチの方法も入れつつ
手順をご紹介したいと思います。

リサーチの前に決めておくといい事

指切り

別の記事でお話したように
販路はアマゾンです。

こちらの記事も参考にして下さい

中国輸入の始め方

販路によって
戦略は変わってきますので
シンプルに一個で勝負!

そして初心者の方なら
上の記事を参考に
どんな商品が中国製品なのか?

軽ーく
そのリサーチはしておきましょう(@_@。

いろいろな商品を見るうちに
だんだん区別がつくようになってきます。

さて本題の
取り扱う商品

ここで考えましょう!

みなさん趣味や特技はなんですか???

思い浮かべて下さい

ぽわわ~ん(´◉◞౪◟◉)

料理・時計・水泳・サイクリングetc

なにかしら一つ上げましょう。

そこからつながる商品が
リサーチし易いはずです!

元々知っていることの方が
取り掛かり易いですし
そこから商品を思い着くことができます。

すなわち

リサーチの前に重要なのは
取り扱う商品のジャンルを決めることです

そんなん
当たり前じゃん(-_-メ)

と思うかもしれませんが

意外と
あれもこれもとかになってしまいがちです。

なるべく集中したほうが
他の商品との差別化するポイントが・・・

ぼよよ~ん(@_@。←しつこいですね(笑)
浮かんでくるはずです。

ジャンルを決めた後は???

足跡

さて
自分の得意なジャンルから何を選びました?

それこそぼくが思いも付かないような
ジャンルも出てくるかも!

ただそこが中国輸入に適しているかを
判断しなければいけません。

1番から3番くらいまで
候補を考えておいて下さい。

小学校のころくらいまでは
1番~3番目くらいまで好きな子いましたよね?(笑)

今思えばなんて上から目線なんだろう(-_-メ)

それと同じかな・・・

え~
ではジャンルを決めたら
どこのポイントを見て中国輸入に適しているのか?

実際にツールを使って
説明していきます。

ここでは
オークファンというツールを使います。

この中でオークファンプロというコースに登録しますので
月額3066円の費用がかかってしまいます。

ただ絶対というわけではなく
似たような機能を持っていて
無料のツールもありますのでそちらを使っても大丈夫です。

では実際に見ていきましょう☺

カテゴリーから売れ筋ランキングを抽出する

写真の様にカテゴリーを選択します。

ここでは楽器を選択してみました。

写真のように楽器だけでも
いろいろな種類があります。

取り扱いたい商品がまだあいまいな場合は
あまり細かく絞り込まなくても大丈夫です。

これをセールスランキング順に表示します。

全商品検索結果は307819件ですが
実際に見るのはランキングが5000位くらいまでの商品になります。

初めのうちは
メーカー品や

国内正規品
国内正規輸入品
と記載があるものはリサーチから除きましょう。

ざーっと見ていくと・・・

これなんてどうでしょう。

この様にあたりをつけたら
実際のアマゾンの商品ページの確認をします。

アマゾンの商品ページの見るポイント

アマゾンの商品ページから
以下のようなポイントを確認しましょう。

  • どのようなライバルがいるか?
  • 商品レビュー数
  • レビューのコメント

順番に
見ていきましょう!

どのようなライバルがいるか?

ここにアマゾン自体が販売しているようであれば
初心者のうちは避けた方が良いでしょう。

強敵ですね(-_-メ)

確率的に言えるのは
アマゾン自体が販売していない商品は
中国輸入商品の可能性は高いです。

商品レビュー数

ここはレビュー数30くらいを目安に
考えましょう!

30個を超える商品は・・・

強敵ですね(-_-メ)

レビューのコメント

商品に対してのコメントです。

ここを参考に取り扱う商品の
改善点などを考えます。

いわゆる
相乗りではなく
新規販売やOEMを狙っていきましょう!

売り上げ個数の確認

次に月にどれくら売れているかを見ます。

ここでは
おおよそで良いので

モノレートを使って売り上げ個数を見ます。

ランキングで並べ替えているの
売れているのは確実なんですが

たまにランキング数が高いのに
全く売れていない商品があるので注意です。

なぜかは分からないのですが
その確認を含めて一度見ておきましょう。

こちらも参考にして下さい。

中国輸入の始め方

まとめ

女の子

中国輸入ビジネスで仕入れる商品を
リサーチする方法はさまざまです。

違いはそれぞれありますが
ポイントは同じだと思います。

  • ジャンルを決める
  • ジャンルを指定し、売れ筋商品で中国輸入できそうなものを探す
  • ライバルを確認
  • 差別化できるポイントを探す

このようなポイントをおさえて
リサーチをしてみましょう!

なぜリサーチ前の準備が大切かというと
資金の少ない状態から始める方が多いと思います。

なので
簡易OEM(セット化したりロゴを変えたりする)
から始めることになります。

「とにかく売れる商品を探せばいいじゃん!」

もちろん
それはそれでありです。

ただ行きつくところは
結局は何かしらに特化していくと思います。

ジャンルを絞った方が

  • 工場をいくつも探さなくてもよい
  • 管理がし易い
  • セット化しやすい
  • 資金の分散が少ない

などの利点があります。

資金も限られて
時間も限られている・・・

最初はそのような場合が多いと思います。

トータル的に見たら
最初からジャンルは絞った方が良いでしょう(^^♪

リサーチしていると
「こんな商品も売れてるんだ~」

「こっちの方がいいかな~」

ダメダメ( ゚Д゚)

誘惑に負けない様に(笑)

こんなことを言っている本人も
八方美人タイプでした(-_-;)

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -