2017/05/17

脱サラして起業した方法(体験談からお話します)

 

いつもお世話になっております。

・・・と
メール風のあいさつで始めてみましたが
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

唐突ですが
みなさんが今の職場をやめるとして
誰かにそれを言うとします。

以下シュミレーションしてみました(笑)

「2月いっぱいで退職することになりました」

{次何やるの?}←まずこれ

「貿易関係で起業します」

{それ儲かるの?}

「儲かるようにがんばります・・・」

こんな感じでしょうか。

僕の場合
二人くらい続けてこの感じだったので(+_+)�

その時点で嫌になってきました。

立場上言わないのもダメだったので
あまり考えないようにしましたが・・・

もしあなたがサラリーマンだったら
周りの方も同じ環境の方が多いと思います。

その場合はこの会話のパターン

間違いなく多いです(笑)

これから頑張ろうって時に
ぼくとしてはちょっと萎える感じでした( 一一)

みなさんなら
どう思われますか???

とこんなあるあるを交えながら
自分が脱サラして起業した経緯をお話します。

副業期間

ぼくの前職は
ボクシングジムのトレーナー。

起業するぞ!と決めた職種は
貿易を起点としたネットビジネス。

この時は輸入・輸出の明確な区分はなかったです。

両方やってました。

やめると決めた時点で
前職は勤続10年です。

やめると決めた時点で
まず奥さんに相談。

話の前から僕の心の中で
やめることはすでに決心済み

あとはいつやめるかだけ。

まず反対されます。←まーそうですよね(笑)

お腹に第一子がいましたし。

予想内の範囲(´◉◞౪◟◉)

そして反対する理由

安定がない

うん、これも想定内かな・・・

何をやっても安定はないし←これは心の中で言う(笑)

「生活費はなんとしても稼ぐから!」

「家族との時間もできるはずだから!」
と何とか説得。

結果がでるまでは
ちくちく言われましたが(´◉◞౪◟◉)

一つだけお願いされたのは
今すぐは職場を辞めないようにと言われました。

今思えば
それは良かったです。

結果が出るまで一年はかかったので。

オーナーに無理を言って
一年間起業の準備(副業)をさせてもらいました。

そこからは仕事から帰ってきて
また仕事。

この繰り返しでした。

体力的なしんどさもありましたが
不安の方があったかもしれないです。

うまくいくのかなー

なんて考えたりもしましたが
やるしかねー!と奮起していました(笑)

これ
別で収入がなかったら
もっと辛かったと思います。

経験からのアドバイス

起業するには
副業から
もしくは別に十分な生活費に使う貯金
これらは必要だと思いました。

個人的には
身体よりも心の余裕がなくなって
焦ってしまう事が多くなると思います。

融資を受ける

兼業生活も一年が過ぎ
幸いなことに貿易ビジネスも軌道に乗ってきました。

退職期日も二か月ほどに迫っていたころ
融資を受けることが浮かんできました。

事業を拡大したかったのと
万が一のための貯金もほしかったので。

このころには税理士さんもいて
相談をしました。

あれよこれよと
融資の話うまく運んでしまいました(笑)

ここではシンプルに言いますが
思っているほど難関ではありません。

もちろん金額によりますけど(-_-)zzz

資金の余裕は心の余裕

今思えばベストのタイミング
だったかもしれません。

あと
もう一つの心の余裕(^^)/

 

誰かに教えてもらうと
気持ち的には楽だったのかな~と。

簡単に言えば
コンサルを受けるということです。

この詳細はまた別の機会で
お話できればと思いますが

結果を出すまでの短縮にもなりますし
同業の仲間は困ったとき助けにもなってくれます!

最後に

脱サラして起業をする方法はたくさんあります。

それは人それぞれですし
これが正しいなんてのはないですよね~。

もちろんサラリーマンを否定する気なんて
サラサラありません(+_+)

僕はサラリーマン生活の方が
今の時点で長いので~

当時と変わったことと言えば
家族との時間が増えたことは間違いありません。

拘束の時間はなくなったので

自由に考え
自由に行動する。

もちろんすべて
自己責任ですが(´・ω・`)

脱サラをきっかけに
変わったこと、経験できたことはたくさんあります。

逆を言えば
経験できないこともあるはずです。

なんにせよ
自分で選んだ道を歩みましょう!

説教染みてしまいましたが・・・(笑)

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -